リースバック

不動産リースバックのメリット・デメリット

不動産リースバックのメリット

「自宅を売却しても、そのまま住み続けたい」と願っている方に、おすすめしたいのがリースバックという方法。

あまり聞きなれない言葉だという方も多いかと思いますので、今回は不動産のリースバックを選んだ場合、どんなメリット・デメリットがあるのかをご説明します。

売却しても今までの家に住み続けられます

売却後は所有者が変わるので、普通なら新たな住居を探すことになります。

しかし、不動産リースバックなら今まで住んでいた家を、新たに「借りる」という形で住み続けられるので不動産リースバックの一番のメリットとも言えます。

諸費用がかからなくなる

これまでは所有者ですので毎年の固定資産税の支払い、住宅のメンテナンス費、マンションであれば月々の管理費と修繕積立金が必要になっていました。

不動産リースバックにすると所有者が変わりますので、これまでと同じ家に住みながら、それら費用はオーナーが負担しますので支払いの必要がなくなります。

月々の返済が安くなる

住宅ローンの返済として支払っていた額よりも月々の賃料として支払う額が安くなるなる場合があります。
※安くならない場合もあります。

周囲に知られない

不動産のリースバックは公開される情報ではありませんので、これまで住んでいたお家にリースバックで住んでいてもご近所に知られる心配はありません。

まとまったお金を受け取ることができる

買取り代金を一括でお支払いできます。

住宅ローンの支払いが完済した時点で老後資金に不安がある方などのご利用も可能ですので、リースバックで月々の支払いを減らし、売却の代金を資金として有効に使えます。

買い戻すことができる

2~3年後という比較的短期間で、リースバック契約をしたお家を買い戻すことも可能です。

不動産リースバックのデメリット

基本的にはメリットが多い不動産のリースバックですが、1つだけデメリットがあります。

それは買い戻しする場合、売却額よりも高くなるケースが多いことです。

ご自宅を売却した後、買い戻すチャンスがあるのはリースバックのメリットですが、買い戻しをお考えであれば、その資金の準備も考慮し、今後の生活再建を目指す必要があります。

リースバックをおすすめしたい人

引越しができない事情がある方に、不動産のリースバックはおすすめします。

  • 家を売却しローンの返済に充てたいが、子供の通う校区内で新しい家を探すのが難しい
  • 高齢の父母と暮らしているので引越は避けたい
  • 事務所・店舗として登録しているので移転できない
  • 愛着のある家だから手放したくない
  • 近所に知られたくない
任意売却4つのプラン「リースバックプラン」不動産のリースバックとは 不動産のリースバックとは、任意売却で第三者(または弊社)に一旦自宅を買い取ってもらい、売却したお金で...
リースバックプラン|料金・手続きの流れについて任意売却の場合の仲介手数料は0円! 本来、不動産の仲介における手数料は宅建業法という法律で、「売買価格の3%+6万円+消費税」と定めら...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。