住宅ローン滞納

リースバックプラン|料金・手続きの流れについて

任意売却の場合の仲介手数料は0円!

本来、不動産の仲介における手数料は宅建業法という法律で、「売買価格の3%+6万円+消費税」と定められています。

しかし、任意売却にてご自宅を売られた際、お客様から現金で仲介手数料をお支払いいただくことは一切ありません

また仲介手数料や司法書士費用等、売却時にかかる諸費用も現金で負担いただくことはありません。

なぜなら、その費用は売却代金から全て充当されるから。

神田
神田
つまりお客様に現金をご用意していただくことはありませんので、ご安心ください。

任意売却の場合、月々の住宅ローンが払えなかったり延滞したり等、債権者である金融機関から見ても現金が手元にないことが明らかなため、通常の売買とはしくみが異なります。

通常、不動産売却時に現金で支払わなけれなならない、仲介手数料や司法書士費用等の諸費用も売買代金から充当することを認めてくれるのは大きなメリットです。

さらに、任意売却の際には、滞納している管理費や修繕積立金、固定資産税や健康保険料等も精算することが可能です。

神田
神田
但し、税金や保険料等に関しては、あまりにも滞納額が多い場合、全納にならない可能性もあります。

リースバックプランご利用の流れ

弊社のリースバックでは、不動産投資家など第三者に購入者となってもらうほか、弊社が買取りをして新しい所有者となることができる場合があります。

その場合、購入者を探す売却活動をする必要がありませんので、リースバック完了までの時間を短縮することができます。

差押えや競売が迫っている方や取り下げを急ぎたい方、一時資金を早急に受け取りたい方は是非ご相談ください。

お客様の現状をお知らせください

弊社ではお客様のご要望を叶えるため、「選べる任意売却4つのプラン」をご用意しています。

ご相談受付から実際の売却手続き、債権者との交渉、そして売却後のアフターフォローまですべて弊社がワンストップ(一度の手続きで、必要とする関連作業をすべて完了させる)で対応するので安心です。

神田
神田
「まずは相談という一歩から」
早期ご相談が解決のカギです。

プロのアドバイスを聞いてみませんか?

弊社の相談料金は初回最初の1時間は無料(その後、5400円(税込)/ 30分ごと)となっております。

別の不動産業者に相談中でも、セカンドオピニオンとしてご活用ください。

セカンドオピニオンとは、よりよい決断をするために、当事者以外の第三者に「意見を求める行為」のことです。

 

 

 

 

 

 

弁護士・司法書士等の法律家へ相談する際の注意点

借金問題のお悩みを解決する際に、弁護士・司法書士の力が必要となってくることが多いでしょう。

過払い請求や、自己破産、任意整理、民事再生など法律を駆使した最適な解決を受けることが期待できます。

ただ、弁護士や司法書士だからといって、すべてに万能であるとは限りません。

不動産関係の知識に乏しい、または債権者との難しい交渉をするノウハウがないなどの理由で、その資産を任意売却によって活用するといった選択肢をとらずに「自己破産」や「個人民事再生」だけを簡単に勧めてしまうケースもあるようです。

このような場合を防ぐためにも、任意売却を得意にしている法律家、もしくは任意売却を専門にしている不動産業者で法律の専門家と連携を密にしている業者を選ぶようにしましょう。

弊社では、任意売却専門の不動産専門家と法律家が連携し、状況やご希望に合わせた最善の対処方法をご提案いたします。

住宅ローントラブルの相談はどこに?専門の不動産会社をおすすめする理由みなさんこんにちは、不動産コンサルタントのトモニママ(@eco2009_earth)です。 突然ですが、みなさんは住宅ローントラブ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。