お客様の声

レビューを投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

総合評価:  
 23 レビュー

叔母と2人で住んでいましたが、相続人および土地共有者である叔母が、土地と建物すべてを売却したいとのことだったので相談に行かせてもらいました。自分なりに調べてみたところ、わたしも相続によりその持分を取得していたので、大きな税金負担がかかることは覚悟していました。しかし相談の結果、分筆により土地を二つに分けて売り出すことを提案してもらい、そのようにすることに。結果、税金の支払額も少なく済み、現金も当初の予定より100万円ほど多く残りました。1人で調べていてもわからないことだらけだったので、やっぱり専門家に相談してよかったです。 

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
ご相談者様も持分を取得されていましたので、原則は、売却代金から売却代金の5%相当額を差し引いた金額に20%(所得税・住民税)の不動産譲渡所得税(不動産を売却した際に売主が得た利益に対し課される税金)の負担が発生します。
そこで「相続人も居住している」という条件により利用できる、居住用財産の3,000万円特別控除の特例を最大限生かすことをご提案しました。
話し合いのうえ、土地1筆で約120㎡あるため、分筆により二個に分けて売り出すことに。
つまり分筆後、共有者である叔母との間の共有物分割により、分筆後の各土地の所有者を叔母と相談者それぞれ単独にし、売り出すことができるようにしました。
結果、共有物分割をするための専門家の費用および実費等は別途発生しましたが、共有物分割により相談者・叔母それぞれの単独所有にすることができました。
よって、共有物分割による方法を使用しなかった場合に比べて、不動産譲渡所得税支払額が少なく済み、不動産売却代金が相続人のお手元に100万円程多く残りました。

相続税対策のために不動産を購入したいと思い、相談させていただきました。ちょうど希望していた予算で気にいる物件があったため、売買価格1室約2,000万円、評価額約1,200万円の部屋を2室購入しました。すると、購入前の相続時評価額約1億円に対し、購入時点での相続時評価額が7,840万円に。結果、購入時点での相続税予定額600万円に対し、ご購入後226万円となりました。収益物件を購入したのに相続税が1/3になるなんてびっくりしました! 

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件はこちらのサイトよりご相談をいただいたお客様でした。
一般的にはあまり知られていませんが、今回のケースのように収益物件を購入することで相続税を減らすことが可能なケースはたくさんあります。相続税改定に伴い、節税対策は必須となりますので、相続が始まる前にぜひ一度ご相談ください。

両親が亡くなり、残した不動産の相続を甥・姪など計6名ですることに。ただ相続人が全国各地に転在しており、全員集まることが大変であるため、私が代表者として一人で売却し、売却代金を相続人全員に分けたいと思って相談をしました。相続なんて初めてなものでわからないことだらけでしたので、すべて一括でお願いできたことがとても心強かったです。 

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件は遺産相続の中でもよくある「代償分割」ご希望のお客様でした。
不動産以外の相続財産に関する手続きや分配もすべて任せたいとのことでしたので、一括で弊社が担当させていただきました。
不動産以外に関わる相談事もありましたため、専門家にも同席いただき面談。
結果、お客様のご要望通り、相続人代表者一人での売却を可能にし、相続財産すべてを各相続人に法定相続分通りに分配させていただく事が出来ました。
不動産のご売却に関しては、買主様を探す方法と弊社にて買取りをする方法をご提案させていただいたところ「なるべく早く相続手続をすべて済ませたい」とご希望されたため、弊社にて買取りをさせていただきました。

当初は、所有不動産がいくらで売却出来るかの相談で問い合わせをしました。査定の結果、3,000万~3,200万円程で売れる可能性があると判明。売却金額から不動産の売却に要する費用等を差し引いて考えると負債のほうが多いため、相続放棄を考えていました。しかし、アースさんの見解によると、負債の内750万円が金融機関に対する遅延損害金のため、交渉によっては減額してもらえる可能性があるとのこと。その後交渉の方法などを教えていただき、結果、相続放棄をせずに不動産が3,200万円で売却。負債総額および不動産売却費用を差し引き、手元に1,200万円程財産が残りました。まさか手元にお金が残るとは思っていなかったので、本当に感謝しています。素人では思いつきもしないようなことまで丁寧に教えていただき、とても親切でした。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件はHPをご覧になられたお客様で、無料査定をきっかけに売却の相談をお受けいたしました。
お話を伺っておりますと、相続放棄しなくても有利となる対策が見つかりましたので、専門家の意見と弊社の任意売却のノウハウとを交え、相談者に金融機関との交渉の方法を教授しました。
その結果、相談者ご自身により金融機関と交渉していただくことができ、遅延損害金の額が8割減に。
また、消費者金融に対する債務を専門家に調査していただいたところ、一部は債務が残ったが、一部払い過ぎがあったため、消費者金融に対する残債務は差し引き20万円程になりました。
結果、相続放棄をせずに財産を残ることができ、弊社としてもホッとしております。

平成7年に旧家をフルリフォームした住宅に家族で住んでいましたが、60歳の定年退職を期に、契約社員に代わり収入が激減。支払いや生活の為に他の金融機関からも借入しながら、自転車操業で数年ローンを支払っていたのですが、債務が膨れ上がり…まだ10数年続く住宅ローンの支払いが困難だと判断し、自己破産を考え始めました。自己破産の為には自宅の売却は必須とのことだったので、弁護士の先生からアースさんを紹介いただきました。ご近所付き合いもあり「家を売却=引越しをしなければならない」ことが悩みの種だったのですが、賃貸と言う形態で今の家に住み続ける事ができ、周囲にも噂が立つことなく、わたし自身の肩の荷も降りてほっとしました。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件は弁護士からのご紹介で弊社にて任意売却をさせていただく事になりました。
長年戸建てでお住まいだった為、家財もたいへん多く、別に住まいを探すとなってもそれなりの広さが必要でした。
また賃料面や犬の飼育、高齢での契約制限があったりと、賃貸への引越しとなるととてもハードルが高い状況でしたので、そのまま住み続けることができるリースバックをご提案させていただきました。
結果、債権者との交渉で販売価格を下げる事に成功し、弊社で買取することができたため、周辺相場よりも低い賃料で住み続けることができるようになりました。
高齢の方やお子様の学校を転校させたくない、という方には、自宅を売っても住み続けられるリースバックがおすすめです。
引越しをご検討される前に、一度ご相談ください。

結婚して3年後、大阪市に戸建てを購入したのですが、すぐに離婚となりました。その後は私が1人で住んでいたのですが、刑事事件を起こしてしまい収監されている間に住宅ローンが滞納。代位弁済されて、競売申立の段階まで進んでおりました。釈放されて自宅に戻ると、大量の郵便物が届いており、その中でアースさんからのパンフレットが1番わかりやすく、きっちりしていただけそうな印象を受けたため連絡してみました。自宅は手放すことになりましたが、それにまつわるあらゆる問題がすべて解決し、すっきりした気分で人生を再スタートさせられそうです。頼れる人もおらず、どうしようもない状態だった僕を助けてくれたこと、本当に感謝しています。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件は住宅ローン以外にも、税金の滞納や消費者金融等への借金が多数あり、ご本人が自己破産を希望されていたため、そちらの手段をとりました。
最優先事項として、まずは今後の生活資金を確保するため、ご自宅は任意売却にて売却。
引越代も捻出することができ、無事税金も全額返済することができました。
その後、破産手続きに進むため、弊社より弁護士の先生を紹介させていただきました。
残った借金についての相談もできたようで、無事納得のできる形で終えられたこと、弊社でも本当に良かったと思っています。

10年前に元夫と共有名義で新築住宅を購入しましたが、その後離婚することに。わたしはこどもを連れて出ていき、別の場所で暮らしていたので、離婚後は元夫がそのまま1人で住み続けることになりました。債権者(住宅金融支援機構)に相談するも、連帯債務から抜けることが出来ず、不動産査定によると1,000万円程のオーバーローンになるため、任意売却で進めることとなりました。そんなとき知り合いにアースさんを紹介してもらい、任意売却をお願いしました。事前にこちらの要望をきちんと聞いていただき、それに合ったアドバイスをしてもらえたことが1番安心感に繋がりました。また対応してくださった方が女性だったのでとても話しやすく、小さい子を育てる母親の気持ちも理解してもらえたのだと思います。おかげさまで思っていた以上に早く売却することができ、本当に助かりました。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございます。
本件は「離婚に伴う共有不動産の任意売却」でした。

ご相談頂いたときには住宅ローンの返済に滞りはなく、任意売却の意思も固まっていらっしゃったため、すぐに返済をストップし、その他の手続きを進めご相談から数ヶ月後に本格的に販売開始となりました。

「極力高く売却して残債を減らしたい」というお二人のご希望がありましたので、不動産業者ではなく一般向けに販売させていただきました。
幸い、室内を大変綺麗にお使いでしたので、すぐに買主が見つかりました。

任意売却後の残債務の返済については、元旦那様のご負担とするお話し合いをさせていただき、また養育費等のご相談もありましたので、弊社から弁護士の先生をご紹介いたしました。

ご離婚に伴う任意売却では、双方お話しづらいこともありますので、弊社がお二人の間を仲立ちさせていただくこともございます。
任意売却と一口に申しましても、多様なケースがございますので、それぞれに応じた解決策のご提案を行っております。
離婚に伴う不動産のお悩み、ぜひ一度ご相談くださいませ。

7年前にマイホームを購入したものの、妻が体調を崩し、3年前から働けなくなってしまいました。私1人の収入では家のローンを返済することが難しく、次第に税金まで滞納するように。このままでは競売になると言われ、どうすればいいかわからなかったとき「任意売却」という言葉を知り、別の会社へ問い合わせしました。しかし1カ月以上経っても買付の連絡がなく、不安になっていたときにアースコンサルティングオフィスのサイトにたどり着きました。問い合わせ後すぐに時間をつくっていただき、丁寧に話を聞いてもらえただけでなく、わたしたちの知らないような情報まで提供してもらったことが安心材料となり、ここにお任せしようと決めました。本当はリースバックでの買取りをしてもらいたかったのですが、競売にならなかっただけでも感謝です。ありがとうございました。

アースからの返答

このたびはご利用いただき、ありがとうございました。
今回の事例は、税金とローンを滞納し、自宅を任意売却した案件です。
弊社に依頼する以前、他社で任意売却の依頼をしていたものの、 1カ月以上音沙汰がないまま時間が過ぎていったとのことですが、実はこのようなケースはよくあります。

その理由は、債権者が提示した売却同意額が通常の取引価格よりも高いことが多いです。弊社でも数週間ものあいだ、買い手がつかない状況でした。
競売にかかってしまうと取り返しがつかず、依頼者様にとってデメリットとなることが多々あります。
そのあたりを納得されるまで説明し、ギリギリになって債権者に売却同意額を下げてもらえたことで、無事に買い 手が見つかりました。

ご依頼主様希望のリースバックでの買取りは叶いませんでしたが、 売却額から引っ越し費用を捻出し、 現金をお渡しすることができ喜んで頂けたことが何よりです。
今回のように、開札日が迫っている 案件でも、弊社では交渉を承って おります。 ぜひお気軽にご相談くださいませ。

鳥取市内にある実家を売却したいと思い、問い合わせさせてもらいました。両親はすでに亡くなっており、長年空き家として放置していたのですが、このまま置いておくのも心配になり、何か良い活用方法はないかと困っていました。また歳をとるにつれて今の田舎暮らしでは不便を感じることが多くなり、娘夫婦の自宅近くへ引越しを考えていたため、相談の結果、実家を売却し新たな住まいを購入することになりました。弟との共有持ち分であったため、手続き等大変なことも多かったのですが、社員の方が間に入ってくださりスムーズに売却することができました。大阪の会社ということで鳥取とは距離もあり、うまくいくのかと心配していた部分もありましたが、1番良い方法で解決してもらったと思っています。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件は弟様との共有物件ということで、売却にあたり相続税・贈与税対策や姉弟間での金銭面での折衝など様々な悩みを抱えていらっしゃいました。
本来ならばご実家は弟様と二人で等分相続し、売却するところなのですが、新居を購入されるということで早急に大きな資金が必要であったため、できるだけ多く現金が残る方法をご提案いたしました。
弟様がもともと共有持分としてご所有されている部分があるとのことで、状況整理に少し時間はかかってしまいましたが、売却に先立って相続登記をする際、お姉さまの共有持分登記が相続税・贈与税の負担とならないように配慮いたしました。
今回は税理士や司法書士の先生に相談しながら、弟様の費用負担やリスクにならない方法を選択したり、それぞれが納得して売却した費用を受け取ることができるよう仲裁や説明を繰り返すことを1番に考えました。
鳥取市の物件ということで、地元の不動産業者と連携した販売活動でもありましたので、弊社にとっても大変勉強になる案件でございました。
このような遠方・複雑な問題もしっかり対応してまいりますので、お困りのお客様がいらっしゃいましたらいつでもお気軽にお声かけください。

投資用のマンションを多数持っていたのですが、年々空室が増え、返済が追いつかなくなってきました。他社にも依頼をしていたのですが、特に進展がないまま次々と競売にかけられてしまい、このまま買い手が見つからなかったらどうしようと毎日不安を抱えていました。そんなとき管財人の方よりアースさんを紹介していただき、無事に売却までしていただくことができました。近畿圏内の物件を所有していたものの、現在は関東在住なのでどうなるのかと心配もありましたが、やり取りも滞ることなく、大変スムーズにしていただきとても助かりました。

アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件はこのまま買い手が見つからなければ、競売申し立てに着手するという段階まできておりましたが、弊社仲介により、投資用マンションが得意な業者に現状渡しで買い取っていただき無事成約へ結びつけることができました。
不動産業者の中でも、投資用マンションの取り扱いに長けた業者はありますが、そういった業者が任意売却には不慣れなケースも多くあります。
(債権者との交渉には専門のノウハウが必要です)

弊社では管財物件の取り扱い実績も多数ございますので、無料簡易査定からぜひ一度ご相談くださいませ。
得意エリアは大阪・兵庫をメインとした近畿圏ですが、その他地域も対応しております。

Page 1 of 3:
«
 
 
1
2
3
 
»