無料相談のお申し込みはこちら
相続不動産トラブル

80%節税できる小規模宅地等の特例とは?売却でも使える土地相続税の裏技

相続税を節税できる小規模宅地等の特例

「実家を相続したけど、相続税が高い…」

そう悩んでいる人に朗報です!

もし相続人が下記の条件に当てはまれば、土地の評価額を80%減らし、相続税をゼロにできるかもしれません。

3年以内に、自分または配偶者が所有する家に住んでいない者(相続開始時点)

つまり「親と同居していた」もしくは「一緒には住んでいないけど賃貸暮らし」の方は、大幅な節税ができるかもしれません。

神田
神田
今回はそんな節税効果の高い「小規模宅地等の特例」についての説明と、売却時にも使える裏技をご紹介します。

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例とは、条件を満たした者であれば土地の評価額を8割引きにしてあげるよ!というもの。

節税効果がとても大きいので、条件に当てはまる人はこれを使わない手はありません。

基本的には下記の人が対象となります。

  • 親と同居していた子
  • 自分の家を持たない別居の子

ただし、3年以内に持ち家を所有していた場合は該当しません。

持ち家のある子はこの特例が認められませんので、兄弟でも同居してるかしてないか、持ち家があるかないかで税負担が大きく異なります。

節税効果の大きい二次相続対策はこれ!土地・不動産で見るべきポイントこんにちは、不動産コンサルタントの神田です。 今回は「二次相続まで考えたお得な相続税対策」について解説していきますが、皆さんは相続...

8割引きで相続税が0円になるケース

6,000万円の土地を対象に、小規模宅地等の特例を使う場合・使わない場合で、どのくらい相続税に違いが出てくるのか見てみましょう。

「小規模宅地等の特例」を使わない場合

6,000万円ー3,600万円(基礎控除)=2,400万円

この2,400万円に対して税金がかかります。

1,000万円以上3,000万円以下かかる税金は15%ですので、相続税は360万円となります。

「小規模宅地等の特例」を使う場合

6,000万円×0.8=4,800万円(小規模宅地等の特例による割引)

6,000万円-4,800万円=1,200万円(土地の評価額)

1,200万円-3,600万円(基礎控除)=0円

よって相続税は0円。

小規模宅地等の特例を使うだけで、360万円必要だった相続税が0円になりました!

土地の評価額が高いほど、その節税効果は大きくなるので、同居している・持ち家のない子はぜひ活用してみてください。

神田
神田
小規模宅地等の特例が適応されるのは土地のみ!

建物には適応されないので注意しましょう!

おすすめの遺産分割方法

家を相続する場合、相続人が複数に渡るケースも多いでしょう。

もし相続するものが実家の土地・建物のみだとしたら、兄弟でどのように分割すれば良いのでしょうか。

一般的には現物分割・換価分割が多い

一般的に3,000万円の実家を3兄弟で分割する場合

  • 相続不動産そのものをそのままの形で分割する現物分割
  • 不動産を売却し、その売却代金を分割する換価分割

を選択するケースが多いです。

住み続けたい場合は代償分割にする

しかし、実家を相続してそのまま住みたい者がいれば、他の相続人に相続分を現金で支払う代償分割という方法もあります。

神田
神田
今回のケースだと、3,000万円の土地・建物を手に入れるため、残りの兄弟2人に現金で1,000万円ずつ支払う必要があります。
遺産相続した不動産をトラブルなく分割する4つの方法不動産相続は、相続人が多いほど複雑になります。 相続が発生すると、相続財産は「相続人全員の共有」となり、これを各相続人個別に分配す...

売却する人も相続税を節税できる裏技

しかし「自宅を相続したいけど、兄弟に支払うお金がない…」とやむなく売却を決意する場合もあるでしょう。

そんなとき、一旦兄弟で共有してから売却するケースが多いのですが、もっとお得な裏技があります。

それは「小規模宅地等の特例」の対象者が、分割協議書上は一旦単独で土地建物を相続することです。

なぜなら、対象者が所有する持分が大きくなればなるほど節税効果が高いから。

神田
神田
ただし、8割引になるのは330m2まで!

特例の適応を受けられるよう、相続税の申告期限まではその土地を所有し、その後売却すれば問題ありません。

神田
神田
分割協議書にも、その売却代金を譲渡税控除後の金額で3等分する胸を謳っておけばOKです!

対象者が一旦所有することで評価額が大きく下がり、相続税の節税が0円になる可能性も出てくるでしょう。

【まとめ】持ち家のない子が相続する場合は活用しよう

まだまだ知られていない「小規模宅地等の特例」ですが、条件に当てはまれば大きな節税効果を期待できます。

  • 親と同居していた子
  • 自分の家を持たない別居の子

が土地を相続する場合は、ぜひ活用しましょう。

相続不動産の無料相談受付中

いざ相続する立場になったとき、自分がどのような特例を受けられる対象なのかわからないというケースが多いかと思います。

不動産は大きな資産である分、相続税の割合も大きく、知っているだけで数百万円の得をする事例をたくさんサポートしてきました。

弊社では今回のように、それぞれの条件に応じた最適なアドバイスをおこなっております。

お電話(フリーダイヤル0120-619-099)もしくはメールにて無料相談を実施していますので、お気軽にご連絡くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。住宅ローン滞納や離婚による任意売却・相続問題など不動産トラブル解決をメインに、リースバック、共有持分買取、セカンドオピニオンにも対応。相談は無料で承っています。対応エリアは大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良などの関西圏を中心に東京から九州まで対応が可能。