離婚と不動産

残りのローンより売却額の方が高い!売却と住み続けるどっちがいい?

住宅ローンが残っている不動産であっても、離婚時には財産分与の対象になります。

自宅を購入している場合は、まず住宅ローンの残債と不動産の売却額の比較をしてみましょう

今回は家を売却した時と、離婚後どちらかが住み続けた時、具体的にどのような金額が発生するのか、負担しないといけなくなるのか、お話ししたいと思います。

アンダーローンとは

住宅ローンの残債より不動産の売却額が大きい場合を「アンダーローン」といいます。

この場合には、不動産の売却代金を住宅ローンの残債に充てます。

また、それでも残ったお金は財産分与の対象として分配されます。

売却し、差額を分配する場合

売却代金からローン残債を引いた残りの金額を、財産分与の割合が半分の場合、2分の1ずつ分配します。

例えば、ローン残高が1.500万円のマンションを2.500万円で売却した場合、差額の1.000万円から500万円ずつ夫婦で分配することになります。

アンダーローンの家に住み続ける場合

離婚後、夫婦どちらかが自宅に住み続ける場合はどうなるのでしょうか。

所有権、ローンの名義が夫のマンションに夫が住み続ける場合

共有財産を半分ずつ取得できるのでマンションに住まない妻が、このマンションの価値1.000万円のうち、500万円を取得することができる場合があります。

しかし、この場合、マンションを売却しないので500万円を他から用意する必要があります。

一括で受け取れない場合などは分割払いになると思いますが、将来支払いが滞ったとき、強制執行(差し押さえ)できるように公正証書を作成することをおすすめします。

所有権、ローンの名義が夫のマンションに妻が住み続ける場合

こちらも上記と同じく、売却益を分割する必要がある他に、慰謝料として相殺する場合もあるようです。

ただし、住宅ローンを妻名義に変更するのは、ほとんどの場合難しいため夫名義のまま妻が住み続けることになります。

夫が住宅ローンを支払う場合、最後まで支払ってくれるかどうかの不安がつきまといます。

また、不動産名義を変更しないと、勝手に売却されてしまったというトラブルもあります。

>>離婚後の住宅ローン、出て行く夫に払ってもらって大丈夫?

>>離婚後、ローンの残る家に住み続ける場合、絶対にしてはいけないこと

離婚による不動産問題はご相談ください

弊社では、近年増え続けている「離婚による不動産問題」を扱っております。

離婚したいけどローンが残ってる、財産分与について知りたい、不動産を売却してほしいなど、お悩みの方はぜひ1度無料相談をご利用ください。

これまでの経験を踏まえ、よりベストな解決策をご提案いたします。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。