PAGE TOP

不動産あんしん相談室へ無料相談・査定
LINEで不動産あんしん相談室に問い合わせ
運営機関
不動産買取り

大阪の事故物件の買取は不動産あんしん相談室におまかせ!

大阪の事故物件の買取は不動産あんしん相談室におまかせ!

自殺や他殺が起こってしまった物件は「事故物件」と判断され、価値が低下します。事故物件は相場価格から2~3割値引きして売れればまだいい方で、いくら値下げしても売れない物件も散見されます。

そんな事故物件の売却には、「買取(かいとり)」を検討してみましょう。

トモニママ
トモニママ
買取とは、不動産業者に仲介してもらうのではなく、直接買い取ってもらうということです。

不動産あんしん相談室は、大阪の事故物件買取に対応している不動産業者。本記事では、トラブルや問題を抱える不動産を多く見てきた当相談室が、事故物件について詳しく解説いたします。

事故物件と「心理的瑕疵」

実は、「事故物件」に明確な定義はありません。

事故物件とは、買主に「心理的瑕疵(しんりてきかし)」を与える可能性がある物件とされています。

「瑕疵(かし)物件」は、物件になんらかの不良や欠陥がある物件。一方、「心理的瑕疵物件」となると、人によって『気持ち的にこの場所に住みたくないなぁ』という心理をもつ可能性がある物件ということになります。

物件がもつ物理的な瑕疵や心理的瑕疵には、「告知義務」が付帯します。つまり、売買前には必ず買主に対し、瑕疵の事実を告知しなければなりません

「人の死」に関わる事件が起こった物件は事故物件に該当する可能性が高い

明確な定義がない事故物件ですが、「人の死」に関わる「事件や事故」が起こった家や土地は事故物件に該当する可能性が高いといえます。

「事件や事故」ですので、基本的に自然死は該当せず、他殺や自殺、あるいは事故によって物件内で人が亡くなった場合に事故物件となりえます。

ただし、自然死とはいえ、死後、期間が空いてから発見された「孤独死」の場合は、状況によって事故物件として扱われる可能性があるので注意が必要です。

「人の死」以外に心理的瑕疵となりうるもの

人の死に関わる事件や事故が起きた物件だけが、心理的瑕疵物件になるわけではありません。

たとえば、以下のような状況の物件も心理的瑕疵物件に該当する可能性があります。

  • 隣地がゴミ屋敷
  • 暴力団関連施設が近くにある
  • 宗教関連施設が近くにある

上記のような物件に対し、『ちょっと住みたくないなぁ』と思う方は多いのではないでしょうか?それが、「心理的瑕疵」。

トモニママ
トモニママ
人の死に関わる事件・事故以外にも、『住みたくないなぁ』と思う人が一定数いるような物件は、心理的瑕疵物件に該当してしまう可能性があるのです。

事故物件・心理的瑕疵物件になるかわからない場合には不動産会社に相談を

「死後2~3日経ってから発見された場合は事故物件?」

「事件性がない階段からの転落死は?」

「マンションの屋上から人が飛び降りた場合は?」

このように、事故物件として扱われてしまうかどうか判断に困る場合は、不動産会社に相談しましょう。

トモニママ
トモニママ
当相談室でも、「事故物件かわからない」「事故物件が売れない」というご相談にのらせていただいております。

事故物件の売却に「買取」が適している理由

やはり、事故物件は「売りにくい」ことが最大の問題となります。値段が下がるだけではなく、いくら下げても「売れない」ことも考えられ、さらに時間が経過しても事故物件という事実は消えにくいこともまた問題なのです。

事故物件の市場価値は低い

事件や事故の凄惨さや状況次第ではありますが、事故物件の市場価値は著しく下がります。

トモニママ
トモニママ
一概にいうことはできませんが、事故物件の売値は相場価格の半値以下になってしまうことも。

また、空き家問題が深刻化しており、人口減少が始まっている昨今では、「わざわざ事故物件に住まなくても…」と考える方は増加していることが考えられます。つまり、いくらで売り出しても売れない可能性があるわけです。

さらに懸念されるのは、売り出したことによって“噂”が立ってしまうこと。怖いもの見たさなのか、事故物件の情報ばかりを集め、拡散するような人やサイトも存在します。噂が噂を呼び、さらに売れにくくなってしまうこともあるのが事故物件なのです。

時間が経過しても事故物件であることは変わらないことも

  • 10年前に自殺があった
  • 2年前に孤独死があった
  • 事件があった家屋を解体した

このような物件は、事故物件に該当するのでしょうか?

その答えは、「状況による」としかいうことができません。

判例によれば、数十年前の物件内での他殺事件を買主側に告知せずに売却した売主や不動産業者が有罪となった例もあります。また、事件があった建物を取り壊し、更地にした場合にも、買主側に事実を告知しなかった場合、時間が経過していたとしても告知義務違反になる可能性があります

トモニママ
トモニママ
結局、事故物件は人の心理によって受け取られ方が違うため、『〇年経てば大丈夫』『更地にすれば大丈夫』と一概にいうことはできないのです。

一般消費者に売れない物件でも「買取」なら売れる可能性が高い

「買取」は、一般消費者が買主になるのではなく、不動産業者に買い取ってもらうということです。不動産業者が買い取る理由は、リフォームや建物の解体などをし、転売もしくは活用するため。

トモニママ
トモニママ
不動産業者も利益を出すために買取をするので、買取価格は相場より下がりますが、事故物件など売りにくい物件の売却には適した売却方法だといえます。

不動産業者が買い取ったとしても、事故物件という事実はなくなりません。しかし、不動産業者が転売や賃貸する場合には、事故物件になったときの所有者と直接取引するよりも心理的瑕疵が和らぎ、事件や事故を彷彿とさせないリフォームなどが施された物件は、さらに与える心理的影響も少なくなると考えられます。

とはいえ、事故物件を積極的に買い取ろうとする業者は決して多くありません。やはり、ただの「劣化」や「腐食」とは違うため、業者側も買取に慎重にならざるを得ないのです。

大阪の事故物件買取は不動産あんしん相談室にお任せください

当相談室は、トラブルや問題のある不動産を専門的に扱う不動産業者です。売却しにくい物件の売却をお手伝いさせていただくこともありますが、当相談室自らが直接お買取りさせていただくことも可能です。

こうした事業上、弁護士などの各専門家とも連携しているため、事故物件も、スピーディーかつ近隣の方やご親族に知られないようお買取させていただきます。

当相談室の買取プランは、コチラで詳しく解説しています。

まとめ

事件や事故が起きてしまった家は、ご家族にとって辛い場所かもしれません。手放したくても手放せないとなると、さらに八方ふさがりのような状況になってしまうのではないでしょうか。

不動産あんしん相談室は、大阪を拠点とし、不動産のトラブルを専門的に扱ってきた不動産業者です。事故物件に限らず、競売になりそうなお宅や離婚して売りたくても売れないお宅、資金難なのに売れなくて困っているご家族など、多くのトラブルを見てまいりました。多くの方が、家を手放せたことをきっかけに新たなスタートを切っていらっしゃいます。

ご家族だけで悩まず、ぜひ当相談室にご相談ください。

ABOUT ME
一般社団法人 不動産あんしん相談室
一般社団法人 不動産あんしん相談室
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。住宅ローン滞納や離婚による任意売却・相続問題など不動産トラブル解決をメインに、リースバック、共有持分買取、セカンドオピニオンにも対応。相談は無料で承っています。対応エリアは東京・大阪を中心に全国へ。

不動産あんしん相談室®

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルを解決!

不動産のプロがわかりやすく、丁寧に対応。適格な解決策をご提案。

ひとりで悩まずにお気軽にご連絡ください。

◎「誰に相談したらよいかわからない」 ◎「他社に断られた」方でも大丈夫!

ひとりで悩まずにお気軽にご連絡ください。

◎「誰に相談したらよいかわからない」
◎「他社に断られた」方でも大丈夫!

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルは、不動産あんしん相談室へお気軽にお問い合わせください

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルは、不動産あんしん相談室へお気軽にお問い合わせください