PAGE TOP

不動産あんしん相談室へ無料相談・査定
LINEで不動産あんしん相談室に問い合わせ
運営機関
リースバック

リースバックができない?その理由と対応策を一挙解説!

リースバックとは、不動産の売却後に賃貸することで、住みながら・利用し続けながらもまとまったお金を得るための方法です。

  • 突然の資金難
  • 離婚による住まいの問題
  • 子供の通学などの理由で引っ越しできない

このような事情がある場合に適している不動産売却方法ですが、実はリースバックをしたくてもできないことがあるのです。

リースバックができない5つのケース

リースバックができない要因となるのは、次の5つです。

1.買主・貸主が見つからない

リースバックでは、不動産を購入してもらった人や機関にそのまま貸主になってもらう必要があります。言い換えれば、買主になってくれる人の制限がとても多い契約なんですね。

一般的な不動産売買であれば、購入した不動産をどう活用しようが、転売しようが、買主の自由。しかし、リースバックでは購入した不動産を売ってもらった人に貸さなければなりません。

そこが大きな制約となり、なかなか買主、そして貸主になってくれる人が見つからないということが起こってしまいます。

不動産あんしん相談室のリースバックプランは、弊社自らの買取が可能。「買主が見つからない」「見つかるまでに時間がかかる」という状況を最大限、回避できます。

2.買取価格や賃料が希望通りではない

売主からすればいくら売却後に賃貸できるとはいえ、「いくらで売ってもいい」「いくらでも借りる」と考えている人はいないと思います。できれば高く売りたいし、できる限り安く借りたいと考えるのが普通です。

しかし、買主・貸主になってくれた人が見つかったとしても、金額の条件が合わないということは起こります。売主・買主、両者の折り合いがつかなければ、やはり契約不成立となってしまうのです。

不動産あんしん相談室のリースバックは、売買代金の一部を家賃に充当することも可能。金額についても、お客様のライフプランにあわせたご提案をさせていただきます。

3.対象エリアから外れている

そしてそもそも、買主・貸主を探す工程にもたどり着けないということも起こりかねません。それは、具体的にいえば、リースバックの仲介役や買主となってくれる業者の対象エリアから外れている場合です。

リースバックをするうえでは、やはり買主にもメリットが必要です。メリットとは、端的にいえば「儲け」ですね。不動産に一定の資産価値が備わっていること。そして賃貸中に利益がでること。この条件が備わっていなければ、買主・貸主になってくれる人は見つからないでしょう。

トモニママ
トモニママ
そのため、リースバックできるエリアを「一都三県」や「大阪」「福岡」など不動産相場価格が高く、一定の需要がある大都市圏に限定している業者は少なくありません。

対象エリアから外れていては、買主を募ることもできません。

不動産あんしん相談室のリースバックは、全国対応となっております。「対象エリア外」と他社に断られてしまった方も、ぜひご相談ください。

4.対象物件ではない

対象エリアだけでなく、対象物件が限定されていることも多くあります。

  • 住宅(事務所・店舗NG)
  • 住宅ローンを完済している
  • 戸建て
  • 査定価格〇〇円以上

たとえばですが、リースバック可能な物件を上記のように限定しているケースは多くみられます。

物件を限定的にしている理由もまた、「資産価値の維持」や「担保としての価値」「流動性」などを考慮してのことでしょう。

不動産あんしん相談室は、お住まいのみならず店舗や事務所などの事業用不動産のリースバックが可能です。

5.競売手続きが開始している

リースバックを検討されている方は、資金難にある場合も少なくありません。「引っ越しはしたくないけど、どうにか生活資金や事業継続のための資金を捻出したい」と考え、リースバックを検討されるケースが多いんですね。

トモニママ
トモニママ
なかにはすでに、住宅ローンや税金を滞納している方も。

そして、該当不動産が差し押さえられ、競売手続きが始まってしまった段階でリースバック業者に問い合わせる方もいらっしゃいます。

しかし、多くのリースバック業者は、競売手続きに入っている不動産は対応不可としています。それは、リースバックするまでに、「任意売却」というイレギュラーな手続きをしなければならないからです。

トモニママ
トモニママ
任意売却では、金融機関などの債権者や裁判所とのやり取りも必要になってくるため、ただでさえ一般的な不動産売却とは異なるリースバックと掛け合わせることが難しいとされています。
不動産あんしん相談室では、状況に応じて弁護士のサポートを受けながらの任意売却が可能です。リースバックにおいても、競売手続きが開始している状況でもご対応いたします。

リースバックができないときの対応策

上記に挙げたような理由でリースバックができないとなれば、他の対応策を検討する必要があります。

1.一般的な不動産売却を検討する

リースバックはできないとしても、不動産が売却できないということはありません。

「引っ越さなくていい」という条件はなくなりますが、リースバックではなく、一般的な不動産売却を検討するのも一つの選択肢となるでしょう。

2.リースバック業者を選ぶ

リースバックできない理由の多くは、リースバックを仲介してくれたり、買主になってくれたりする人や機関の「都合」によるものです。また金額の折り合いがつかない場合にも、他の買主なら希望条件に近づけてくれるかもしれません。

一般的な不動産売却においても同様ですが、売買契約とは買主と売主の合意のもとに成立するもの。1人の人に見向きもされなかったからといって、売却をあきらめる必要なありません。

トモニママ
トモニママ
リースバックについても、1社に断られた・1社に希望する条件を提示してもらえなかったからといって、他の業者も同様とは限らないのです。

まとめ

リースバックは、したいからといって必ずしもできるものではありません。とはいえ、リースバックができない理由の多くは、買主・貸主となってくれるリースバック業者の都合によるもの。

弊社、不動産あんしん相談室でもリースバックプランをご提供しておりますが、できるだけ多くの方にリースバックを選択していただけるよう、エリアや物件種別などの制限を設けておりません。

  • 全国対応
  • 住宅とともに店舗・事業用不動産も対応可能
  • 任意売却とリースバックが同時にできる
  • 弊社買取につき売却金額・賃料ご相談可能

ご相談は、オンラインでも可能です。ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

https://anshin-soudan.net/contact/
ABOUT ME
一般社団法人 不動産あんしん相談室
一般社団法人 不動産あんしん相談室
「全国の不動産トラブルを解決したい!」そういう思いで一般社団法人を立ち上げました。トラブルの多い、住宅ローン滞納や競売、離婚と不動産、共有持ち分や空家トラブル、老朽化した区分所有や建て替え問題などを解決に導いています。 セカンドオピニオンも歓迎します!お気軽に無料相談をご依頼ください。

不動産あんしん相談室®

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルを解決!

不動産のプロがわかりやすく、丁寧に対応。適格な解決策をご提案。

ひとりで悩まずにお気軽にご連絡ください。

◎「誰に相談したらよいかわからない」 ◎「他社に断られた」方でも大丈夫!

ひとりで悩まずにお気軽にご連絡ください。

◎「誰に相談したらよいかわからない」
◎「他社に断られた」方でも大丈夫!

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルは、不動産あんしん相談室へお気軽にお問い合わせください

住宅ローン滞納・離婚・相続等むずかしい不動産トラブルは、不動産あんしん相談室へお気軽にお問い合わせください