リースバック

リースバックについてよくある質問をまとめました!

不動産あんしん相談室®️が提供する「」について、疑問が解消できるようリースバックのよくある質問をご紹介します。

家を売却しても住み続けられるってどういうこと?

「家を売却する」と聞けば、売った人に所有権が移り、自分のものではなくなるので別の家に引っ越さなければいけないと思うのが普通の発想です。

しかし、リースバックというシステムでの売却は、買った人が売った人に賃料を支払って住むことができるので「住み続ける」ことができます。

どんな物件がリースバックできるの?

リースバックのシステムは、今お住まいのお家を弊社または不動産投資家に売却いただき、資金を得るというものです。

よって「戸建て物件のみ」と思い込みをされている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。

  • 戸建て
  • マンション
  • アパート
  • 事業用物件

こちらをご覧になって、「あれ?それならウチも該当しているかも?」と気になった場合は一度弊社にご相談ください。

また、他社にリースバックの相談をしていて「なんとなくひっかかる点がある」「聞きたい事があるけど聞けない雰囲気」という事がある場合でも、セカンドオピニオンとして弊社にご相談ください。

経験豊富なスタッフがお客様にとって最善の方法を専門知識を持ってご提案させていただきます。

どんな人が買いとってくれるの?

弊社、もしくは不動産投資家・不動産買取業者に物件を紹介し、買い取ってくれる人を募集します。

住宅ローンが残った物件でも買い取ってくれるの?

住宅ローンの残債がある場合、

残高 > 土地・建物など担保物件の評価(時価)

というオーバーローンの状態でなければ買取が可能です。

リースバックは期限はありますか?

リースバックに期限はないので、賃料を払って住み続けることができます。

抵当権者(債権者)である銀行や家を購入した新オーナーとの交渉は弊社で行いますのでご安心ください。

リースバックで住んでいることはバレない?

リースバックの場合、「住宅ローンの返済が苦しいので売却した」という事実が周囲にバレてしまうことはありません。

もちろん住み続けている間でも同じで、賃貸として住んでいるということが公になることはありません。

ご自宅を売却した後は固定資産税や住宅のメンテナンスの等に掛かっていた費用も普通の賃貸住宅と同じでオーナーが負担するようになるので、ここでしっかり生活を立て直し、再び貯金ができるようになれば買戻すことも可能です!




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。