リースバック

親子間で不動産のリースバックをしたい!住宅ローンを組むことは可能?

リースバックをご希望のお客さまの中には、弊社や第三者の不動産投資家に買取を希望するのではなく、親または子供、ご親族の方に買い取ってもらうことを前提でご相談にいらっしゃる場合があります。

一見、親子間や親族間でのリースバックですと、通常よりも費用を抑えられるようなイメージを抱いていらっしゃるかもしれませんが、ひとつ見落としてはいけない部分があるのです。

リースバックの買取が親や子供などの親族間である場合

もし買取の際に現金一括で買取ができるのであれば、難しい問題はありません。

しかし、住宅ローンを利用しての買取となる場合は難しく、まず金融機関の多くが「融資をするか、否か」という審査すらしてくれないのです。

その理由は、金融機関や保証会社の基準として「貸付対象物件の売主が申込み者本人の配偶者、親、子のいずれかである場合、保証の対象として承認しがたい」という項目があります。

要するに「夫婦間や親子での不動産の売買にはお金は貸せません。」という事を挙げているのです。

また親子間・親族間の場合「相続や贈与の方が一般的なはずが、どうして費用がかかる売買を選ぶのか?」という点でも悪い印象として捉えられています。

では住宅ローンを利用することは絶対不可能なのか、というとそうではなく、親子間や親族間の売買をこれまでに成立させたことがある弊社にご依頼いただければノウハウがありますので、融資を受けられる可能性が全くゼロではありません!

しかしながら、以下のような場合はさらに困難を極めることになります。

すでに住宅ローンの申し込み審査を多数の銀行で審査を受けてしまった場合

通常の不動産売買を主として行っておられる業者では、親子間での買取を依頼しても適切な対応が難しい場合があります。

よって断られた結果、ご自身で銀行に相談に行かれることを検討したり、既に行動を起こした方もいらっしゃるかもしれません。

しかし先に述べた理由から、ノウハウ無しにいきなり銀行に事前審査の相談に行ったところで良い回答は引き出せないと思います。

審査前に障壁となる問題がクリアできる理由を用意し、しっかり準備をした上で事前審査に臨めばクリアできる場合でも、既に事前審査を受けていれば銀行は原則として同じ案件で2回目の審査は受け付けてはくれません。

また、信用情報の照会履歴は残りますので、他行に申し込んだとしても審査もせず門前払い状態となってしまいます。

低金利と言われているこのご時世。親子間・親族間ではそれは適応されない!?

全ての銀行が同じ条件というわけではありません。

しかし、親子間・親族間での住宅ローンの借り入れが可能となっても、通常の売買のケースとは異なるため、借り入れをする方の借入属性が金融機関が考える基準より高いと判断されても、低金利をそのまま適応してくれるわけではないのです。

このように親子間・親族間での買取の際に住宅ローンで融資を受ける場合は、通常よりも審査が難しいということがおわかり頂けたと思います。

弊社にはこういったケースにも対応できますので、一度ご相談くださいませ。

任意売却4つのプラン「リースバックプラン」不動産のリースバックとは 不動産のリースバックとは、任意売却で第三者(または弊社)に一旦自宅を買い取ってもらい、売却したお金で...




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。