リースバック

老後資金を増やす!自宅を売却してもそのまま住み続けられる方法

みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。

  • まだまだ元気なのに、定年退職を迎えてしまった
  • この先20・30年続く老後の生活が心配

年々、このような声を聞くことが多くなりました。

今回はそのようなお悩みを持っている方に、自宅を売却して賃貸という形でそのまま住み続けられるリースバックという不動産活用方法をお伝えします。

神田
神田
住宅ローンを完済されている方にこそオススメの方法です!

定年退職後の生活に余裕はありますか?

定年退職後をいきいきと元気過ごすにはもちろん体力も必要ですが、日々の暮らしに余裕があることも必要ではないでしょうか?

年金を受給できる「65歳から85歳までの20年間」で、65歳以上のご夫婦が暮らしていくのに必要な金額は、およそ1800万円、単身の方は1000万円が必要といわれています。

しかし、この試算は日常生活を暮らしていくだけの場合の額であり、ゆとりある暮らしを送るための趣味にかけるお金等は含まれておりません。

また現実的なお話になれば、介護費用や葬儀費用など、日常生活費以外にもお金が必要な場面は多々あります。

ローン完済者こそリースバックがおすすめ

仕事を見つけようにも、なかなか希望通りの条件での就業ができるとも限りません。

現在のお住まいが完済の物件であれば、ご提案したいのが不動産のリースバックです。

ご自宅の価値を査定し、査定額にご満足すれば一旦売却。

リースバックは売却後も月々の家賃を支払って住み続けられるので、老後に必要な資金から月々の家賃+日々の暮らしに必要な支出でバランスが取れる場合は、ゆとりある老後を暮らすのにぴったりなプランだと言えます!

一旦売却をしてもお子様が住み慣れたかつての我が家に再び住みたい、と希望されるのであれば買戻しも可能です。

残りの人生を楽しく過ごすために、不動産を活用する方法も考えてみてはいかがでしょうか。

任意売却4つのプラン「リースバックプラン」不動産のリースバックとは 不動産のリースバックとは、任意売却で第三者(または弊社)に一旦自宅を買い取ってもらい、売却したお金で...
リースバックプラン|料金・手続きの流れについて任意売却の場合の仲介手数料は0円! 本来、不動産の仲介における手数料は宅建業法という法律で、「売買価格の3%+6万円+消費税」と定めら...




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。