住宅ローン滞納

任意売却・競売でよくある質問(まとめ)

みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。

弊社では住宅ローンの支払いが厳しい方へ、競売になる前に任意売却のご提案をしております。

その際、お客様よりよくご質問いただく事項についてまとめました。

  • 競売と任意売却の違いって?
  • 競売になる前になんとかしたい
  • 任意売却について詳しく知りたい

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

神田
神田
不明点がありましたら、いつでも0120-619-099 株式会社アースコンサルティングオフィスまでお電話ください!

競売について

競売になったらどうなりますか?

競売開始決定通知が届いてから、そのまま放置していると約3~4ヶ月で競売入札開始となります。

落札されると、立退きを余儀なくされ、そのまま居座り続けると「不法占拠」となります。

またその際の引越費用は自己負担です。

競売になった場合のデメリットはこちらに詳しく書いています。

任意売却と競売はどっちが得?料金と売却後の対応に大きな違いがあったみなさんこんにちは、不動産コンサルタントのミライちゃん(@eco2009_earth)です。 〝ローンの返済が厳しい〟と感じていら...

住宅ローンを払えなかったら競売を待つしかない?

これまで住宅ローンの支払に関する経済的負担や精神的なお悩みなどから、このように自暴自棄になってしまわれる方もいらっしゃいます。

「競売になっても任意売却をしても、家を手放すなら結局同じ」と思っていませんか?

いいえ、同じではありません。

所有者様の意向に沿って進められる任意売却には、いくつものメリットがあり、そのまま自宅に住み続けることができる場合もあります。

不動産のプロがおすすめする任意売却7つのメリットみなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。 任意売却は、住宅ローンの返済が厳しい・まだロ...

任意売却について

任意売却のデメリットはありませんか?

任意売却するためには、所有者様もご協力が必要です。

自宅のご案内や必要書類の手配などでご協力いただくことがあります。

しかし、面倒な手続きでも弊社が丁寧にサポート致しますので、ご安心ください。

なお、すべての債権者の同意が必要になります。登記されている権利関係者のうち一者でも反対すると、任意売却はできません。

また、共有名義の場合は、他方の同意が得られない場合は、任意売却ができない場合があります。

任意売却にデメリットはある?住宅ローンの返済ができない場合の対処法みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。 住宅ローンが支払えなくなった際の対応方法とし...

任意売却の費用はどうして0円なの?

任意売却にともなう費用を、ご依頼者様からいただくことは一切ありません。

仲介手数料・抵当権抹消費用(司法書士費用)はもちろん、売主の引越費用も含め、諸費用は自宅の売却代金の中から債権者側よりいただきます。

【任意売却の費用】現金での支払いはなし!理由は?引っ越し代がもらえる?任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった時、またはオーバーローン時に、債権者(銀行)の同意を得て、対象の不動産が競売になる前に、ご自...

自宅を売却しても、引越費用が出せないため立退きできないのですが…。

任意売却にともなう自宅の立退き費用は、自宅の売買代金から捻出することができます。

弊社による買取の場合は、引越費用をお支払いいたします。

任意売却4つのプラン「買取プラン」買取プランとは? 弊社があなたの不動産を直接買取させていただくプランです。 弊社独自の判断で最短1週間で買取が可能です! ...

任意売却すると住宅ローンは払わなくていい?

いいえ、任意売却をしても残った債務は支払わなくてはなりません。

しかし、任意売却ならば競売よりも高額で売却できる可能性が高く、住宅ローンの残債は少なくなります。

さらに、交渉次第では月1万円~での返済が可能となるなど、債務者の負担は軽減されます。

もちろん、自己破産をして免責が決定すると、返済義務はなくなりますが、その場合は自宅以外の資産も失うことになります。

住宅ローン以外に借り入れが無い場合、まずは任意売却を検討することをおすすめします。

任意売却をしたら住宅ローンの残債はすべてチャラになるの?任意売却をすれば、残った住宅ローン、つまり残債務が帳消しになると思ってませんか? そう言って仕事を取ろうとする業者も存在するみたい...

任意売却をするには何が必要?

任意売却にあたってお客様にご用意いただくのは、以下の書類です。

【必須書類】
権利証、住宅ローン借入先の情報(督促状・残債証明書など)、物件の評価証明書、印鑑証明書、本人確認書類(運転免許証等)
※委任状をいただければ、弊社で手配できるものもございます。
【なるべくいただきたい書類】
購入時の売買契約書および重要事項説明書、物件の間取り図やパンフレット、マンション管理規約など
【弊社からお願いする書類】
専属専任媒介契約書、委任状、任意売却に関する申出書、物件写真の撮影 等

共有名義の他方が行方不明の場合、任意売却できる?

任意売却に限らず、通常の売却の場合でも、共有名義の方の意思が確認できなければ所有権の移転はできません。

したがって、共有名義の方が行方不明の場合、任意売却は非常に難しいといえます。

任意売却業者について

知り合いの不動産屋に頼むのがベスト?

お知り合いの不動産業者の方が、ご相談もしやすいし安心かもしれません。

しかし、任意売却は通常の不動産売買と異なり、債権者との交渉など非常に専門的なノウハウが必要な取引になります。

任意売却の経験が少ない一般的な仲介業者に依頼した場合、債権者との交渉がまとまらず、結局は競売になってしまうケースもあります。

任意売却を依頼する不動産業者の選び方みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。 任意売却をしようと決めたものの、どこの業者に...

依頼する会社に直接出向いた方がいい?

任意売却に関しては、業者側から自宅へ訪問する場合がほとんどだと思いますので、基本的にはそれで問題ないかと思います。

ただどうしても心配、どんな会社か見ておきたいということであれば、先方へ出向くことも不安要素を取り除く1つの手段でしょう。

もちろん、弊社に関してもオフィスでのご相談も可能です。

逆に「遠方のため出向くのは難しい」という方は、弊社担当がご訪問によりお話をお伺いします。

お客様が安心できる形でのご相談形態で対応いたしますので、まずはお電話かメールでお気軽にご連絡ください。

アースコンサルティングオフィス公式HPを見る




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。