結婚・離婚による共有名義について

共有名義不動産とは

1名のみの名義で登記をする「単独名義」に対し、2名以上の名義が登記されることを「共有名義」と言います。

1つの不動産を購入する際に複数人で出資をしたり、相続によって複数の人が持ち主になった場合によく起こります。

一見メリットの多そうに見える共有名義ですが、思わぬトラブルに発展するケースが後を絶ちません。リスクを知っていただくために、共有名義不動産のメリットとデメリットをわかりやすく解説します!

共有名義不動産のメリット3つ

  • 1人あたりの不動産購入額負担が減る
  • 住宅ローンの審査が通りやすくなる
  • 特別控除を複数で受けられる

①1人あたりの不動産購入費負担が減る

たとえば4000万円の不動産を1人で買えば、全額を負担しなければなりませんが、2人で買えば1人あたり2000万円で済みます。

神田
神田
他人と共同出資で購入する場合などは、特にこのメリットは大きいでしょう。

複数人で不動産を購入する場合は、自己資金・住宅ローン借入金も含め、実際の負担額割合にあわせた持分登記をしておく必要があります(贈与として課税される場合があるため)

②住宅ローンの審査が通りやすくなる

収入を合算することができるため、借りられる住宅ローンの額が多くなります。

近年は働く女性が増えた影響もあり、夫婦共同名義でマイホームを購入するご家庭も多くなってきました。

また住宅ローン減税の適応も2人で受けられるため、節税効果も2倍になります。

③特別控除を複数で受けられる

一般的に不動産を売却して利益が出た場合、譲渡所得税が課されます。
しかし、所定の条件を満たせば3000万円の特別控除を受けることが可能です。

神田
神田
共同購入した居住用財産を売却した場合、共有者ごとに譲渡所得が最大3000万円控除することができます。

共有名義不動産のデメリット4つ

  • 自分の判断だけで売却できない
  • 離婚の際、売却となる可能性が高い
  • 諸費用が人数分必要になる
  • 贈与税が課される場合がある

①自分の判断だけで売却できない

不動産を売却するためには、共有名義になっている全員分の署名・押印が必要です。

トモニママ
トモニママ
よって持分割合が9割以上の共有者であっても、自分だけの判断で不動産を売却することはできません。 

②離婚の際、売却となる可能性が高い

共同名義でマイホームを購入した際に、1番多いトラブルです。
結婚生活が順調に進んでいればメリットの大きい夫婦共同名義ですが、離婚となると一気に話がややこしくなります。

なぜなら、不動産自体を2つに割って住むことはできないから。
結果としてマイホームは売却となり、オーバーローンで負債を抱える人も多いのが現状です。

③諸費用が人数分必要になる

単独所有の場合は1人分の登記費用で済みますが、共有名義となると人数分の費用がかかります。

神田
神田
住宅ローンを利用する際も、そのためにかかる諸費用は人数分必要になるのが一般的です。

④贈与税が課される場合がある

複数で住宅ローンを組む場合、誰かが支払えなくなると代わりに住宅ローンを払うことになるかもしれません。その場合、代わりにローンを支払ったことが他の共有者への贈与とみなされ、贈与税の対象となることがあります。

【まとめ】共有名義はリスク大!単独名義にしよう

トラブルがなければメリットの多い共有名義不動産ですが、いざという時に大きなリスクとなるデメリットも多く潜んでいます。

ツクルパパ
ツクルパパ
1人あたりの購入負担額が安く抑えられたり、住宅ローンの借入額が増えることは魅力的ですが、大きな資産を自分の意思で自由に動かすことができないことは大きな制約とも言えるでしょう。

不動産あんしん相談室®️は共有持分の買取をおこなっています!

当相談室では一般的に難しいとされる、扱いのややこしい共有持分の買取をおこなっております。
「不動産を活用したいのに、共有名義人がいてどうしようもない」とお困りの方は、ぜひ1度ご相談ください。

共有持分買取について詳しくみる

当相談室が選ばれる理由

“モットーは、正しい方法でご納得頂ける「安心な」解決方法をご提案すること”

  • 成約率87.2%
  • 不動産コンサルティングマスターを初め、宅地建物取引士、競売物件取扱主任者など、不動産トラブルにも精通した専門スタッフが在籍
  • 女性代表、かつ女性コンサルタントも在籍
  • お客様のお悩みを丁寧にヒアリングし、的確に対応します
  • 全国に拠点があり、地域事情に密着した体制
  • 弁護士・税理士・司法書士等の専門家と常に連携
  • 売却後のアフターフォローやその他お気軽に相談できる体制です

お問い合わせ