離婚と不動産

離婚で住宅ローンの連帯保証人・連帯債務を解消できる事例

連帯保証人になったまま離婚をするリスク

住宅ローンを組んだときに連帯保証人となったが、離婚時に解消したいというご相談をとても多くいただきます。

基本的には連帯保証人が解消されるとき=住宅ローンが完済がされたときですので、離婚するからといって住宅ローンの連帯保証人から外れることはできません

しかし、簡単ではありませんが途中で解消できるケースもあります。

住宅ローンが残ったまま離婚に踏み切られる方もいらっしゃいますが、いくら離婚をしていても連帯保証人が解消されていなければ、住宅ローンの名義人が返済を延滞した場合、支払いの義務が生じます。

そんな事態を回避するためにも、離婚前には連帯保証人が解消できるケースか否かを確認しておきましょう。

連帯保証人・保証人を解消できるケース

下記の場合は連帯保証人を解除することができます。

住宅の所有権が相手(元配偶者)のみの場合

  • 住宅ローンの借り換えを行う
  • 現在返済中の住宅ローンの残高が、収入合算なしで相手の年収のみでの借り換えが可能である

物件の所有権が共同名義の場合

  • 物件を売却して住宅ローンを完済する

しかし、売却した金額で住宅ローンが完済できない(オーバーローン)場合は、任意売却などの方法で解決することをおすすめします。

【まとめ】連帯債務を解消する方法

基本的には下記の場合、連帯債務を解消できると言われています。

  • 住宅ローンの借り換え
  • 連帯債務や連帯保証を他の人に代わってもらう
  • 共有名義をどちらか一方に統一する

しかしながら、上記の方法でも解決しない場合もあります。

離婚時に住宅ローンの連帯債務を解除する場合は、銀行との交渉が必要になります。

住宅ローンが残っている場合、離婚したとはいえ連帯債務は残っています

銀行との交渉(繰上返済で借入残高を減らすなどの条件つき)で連帯債務を解除できる場合もありますが、難しい場合も多いでしょう。

そんなときは「任意売却」や「リースバック」という解決方法がおすすめです。

競売を避けるためにも、1日でも早いご相談を。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。