共有持分トラブル

相続で受け継いだ共有名義の土地・家を共有者の同意なしで売却する方法

みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田です。

相続によって1つの土地・不動産を複数人で所有することになり「売却したくても、共有者が反対しており売却ができない」というトラブルが多く発生しています。

確かに共有不動産全体を売却したいのであれば、共有者全員の同意が必要です。

しかし、自分の持分のみであれば共有者の同意なしで売却することができます!

今回はそれぞれの持分(共有持分)のみを売る方法をご紹介しますね。

神田
神田
土地・不動産を持っていても活用できなかったら負の財産!思わぬトラブルに巻き込まれないためにも共有不動産は早めの売却がおすすめです。

どうして共有持分だけ売却できるの?

先ほども言ったように、共有持分全体を売却したいのであれば、共有者全員の同意が必要です。

しかし、必ずしも共有者全員が売却に同意するとは限りませんよね。

そうなると「自分の持分があるのに活用できない」という事態になってしまいます。

そこで個人の権利を守るために、民法にて自己持分のみの売却を認められているのです。

神田
神田
よって共有持分を売却することは法的にもまったく問題ありません!

共有名義不動産の売却をおすすめする理由

①空き家の所有リスク解消

共有名義不動産が発生するケースは、ほとんどがご両親の住まれていた実家です。

お子さまはそれぞれ独立しており、実家の売却に踏み切れないものの手入れが行き届かず、空き家になるパターンが多く発生しています。

しかしこの空き家が、今大きな社会問題になっていることをご存知でしょうか?

放火やゴミの不法投棄の対象になるだけでなく、災害による近隣への被害も増え続けておりますので、活用していない空き家は早急に処分することをおすすめします。

不要な空き家は売却しよう!大阪・兵庫で相談できる相続・共有持分買取サービスみなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田です。 近年、空き家に関するトラブルが多発しており、年々相談数も増え続けております。...

②親族とのトラブル回避

共有者全員が売却に同意することがベストですが、さまざまなご事情で話がまとまらないこともあるでしょう。

しかしその揉め事が長引くほど、親族間に亀裂が入り、修復できない事態にまで発展してしまいます。

そうなる前にご自身の権利で共有持分だけでも売却し、トラブルの元となる土地・不動産から身を引くことも大事ではないでしょうか。

神田
神田
共有持分の売却は、自分の身を守る権利でもあるのです!

共有名義の不動産を売却するときに必要なもの

用意しなければいけないものは、たった2つ。

  • 実印
  • 印鑑証明書

もちろん持分を売却する方のものだけで大丈夫です。

共有持分を売却したい場合どこが買取してくれるの?

基本的には不動産業者です。

しかし共有持分の取引は、一般的に敬遠されることが多く、複雑なわりに必ずしも収益に結び付くとも限らないため、買取してくれない業者も多くあります。

また専門知識も必要になってくるため、共有持分の買取経験が豊富な業者を選ぶこともポイントになるでしょう。

弊社は相続トラブルに特化していることから、共有持分のみの買取も積極的におこなっています。

ご希望の方は下記よりお気軽にお問い合わせください。

▶︎ 問い合わせする

共有不動産を売却するメリット・デメリット

共有名義不動産
共有名義不動産のメリット・デメリット|離婚や相続時に発生するトラブルとはみなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。 近年、離婚や相続による「共有名義不動産」トラ...

共有持分売却の手順

相続で受けとった共有持分も売却できる!アースの買取サービス共有不動産・共有持分とは 複数の人が一つの物を共同で所有している不動産を共有(名義)不動産といい、それぞれの人が持っている所有権の割合...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。