住宅ローン滞納

住宅ローンが払えない時の手順|いつどこに相談する?対策は?

みなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田です。

トモニママ
トモニママ
住宅ローンが払えないかも…

そう思ったとき、あなたならいつ・どのタイミングで・誰に相談しますか?

実はこれには正しい順序があり、この順番を間違えることで競売が近くケースもあります。

今回はそんな最悪のケースを回避するために、住宅ローンの返済が難しくなってからの相談手順や競売を避ける救済措置をご紹介します!

神田
神田
競売は日が経つほど回避が難しくなります。
1日でも早く専門家に相談をしましょう!

住宅ローンが払えなくなったらまずは相談しよう

住宅ローンの返済が難しくなってきた場合、みなさんならどういう行動をとりますか?

  1. カードローンなどで借金をする
  2. 金融機関へ相談する

正解は②です。

このように並べてみるとわかりやすいのですが、いざとなると「何としても返済しなければ」という思いから、借金などをして無理に返済しようとするケースが後を絶ちません。

しかし、この行動は「競売」という最悪の事態を招くことになります。

返済ができなくなる前に、難しくなりそうと思った段階で必ず金融機関に相談しましょう。

相談のタイミングは「払えなくなる前」

よくギリギリまで1人で抱え込み、いよいよ支払いができなくなってから相談するというパターンが多いのですが、これは非常に危険です。

なぜなら、ローンを滞納すればブラックリストに載ってしまうから。

金融機関にとっても、滞納前はお客様ですが、滞納が発生してしまうとブラックリスト対象者という扱いになってしまいます。

神田
神田
「何があっても予定通りに返済しなくてはならない」と思い込んで苦しむ方を多く見てきましたが、返済計画はあくまでも予定であり、話し合いをすることで変更することは十分可能です。

なので、ブラックリスト入りしないためにも、払えなくなってからではなく、払えなくなる前に必ず相談しましょう!

リスケだけが解決策ではない

金融機関に相談すると「リスケ(リスケジュール)」を提案されることが多いでしょう。

神田
神田
リスケとは「繰り延べ返済」措置のことです。

しかし、リスケが必ずしも解決になるとは限りません。

なぜなら、返済期間が後にズレただけで、元金が減っているわけではないから。

リストラや病気など、一時的な返済のストップで解決するものであればいいですが、ほとんどの場合がそうではないでしょう。

目先のことだけを考えてリスケを繰り返すと、年金のみの収入になる年になってもまだローンの返済が残っている!という事態にもなりかねません。

高齢になってから競売が実行されるというのは最悪のケースです。

そうならないためにも、任意売却などの措置も視野に入れて考えると良いでしょう。

リスケでも難しい場合は任意売却がおすすめ

金融機関に相談すると、リスケや借り換えの提案をされることがほとんどだと思いますが、それでも返済が難しいというケースもあるでしょう。

だからと言って、必ずしも競売になるわけでなありません。

実は競売を措置するための救済措置があり、それこそが任意売却なのです。

神田
神田
任意売却とは住宅ローンが残っている状態でも自らの意思で、一般販売と同じくらいの価格で売却できる方法です!

任意売却は準備資金0円でできることや引越し代も準備してくれるケースがあるなど、現金に困っている場合でも実行できることが何よりのメリット!

しかも、下記のように今後のライフスタイルによって、お客様のご希望を叶えることもできます。

4つのプラン
不動産のプロがおすすめする任意売却7つのメリットみなさんこんにちは、不動産コンサルタントの神田(@eco2009_earth)です。 任意売却は、住宅ローンの返済が厳しい・まだロ...

弊社では無料相談もおこなっております。

1日でも早い相談が競売回避のカギになりますので

0120-619-099 不動産あんしん相談室までご連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT ME
株式会社アースコンサルティングオフィス
株式会社アースコンサルティングオフィス
大阪・東京にある不動産コンサルティング会社。代表は女性。不動産コンサルタントという中立な立場で、専門知識のない方にもわかりやすく不動産問題の解決策をご提案しています。主な分野は住宅ローン滞納、リースバック、離婚、共有持分、相続トラブル解決など。 いつでもお気軽にご相談ください。無料相談受付中。